せどりで仕入れと出品する時に気をつけることとは?




この記事の所要時間:約329

せどりの仕入れと出品る時はこれを気をつけよう!

 

商品説明

 

仕入れの時に気をつけること

 

Amazonで売る商品の仕入は
主に「ブックオフ」で行います。
ブックオフで探しまわることに抵抗のある方は
まずはじめにご自宅にある本などで
試してみても良いでしょう。

 

広いブックオフの店内の
どこを探せばよいのか?というと
「108円~200円」のコーナーです。

 

同じ店内でも本のジャンルによって
3ヶ所、4ヶ所に分かれている場合があります。
はじめはちょっと大変かもしれませんが
このコーナーにある本を片っ端から調べてみてください。
恐らくほとんどが「1円」の本だと思います。
それでも頑張って調べ続けて下さい。

 

イヤになってもう止めようかな?と
自分と葛藤している時に
おそらく最初に1冊が見つかると思います。
そのくらい
初めは苦戦すると思いますが
ぜひぜひ頑張ってみてください。

 

また
はじめてブックオフで探す時
たぶん「恥ずかしい」と感じるでしょう。
いつもより人の目が気になると思います。
私も初めはそうでした。
スマホを取り出して
ピコピコ打つのにとても抵抗がありました。
でも
1回試しにやってみると
「別に普通かな?」と思ったのも事実です。

 

2回目以降は
他人の目も気にならなくなりました。
最初の恐怖さえ乗り越えれば大丈夫です。
勇気を出してやってみましょう!!

 

商品を検索するときは
無料で使える様々なアプリを利用すればOKです。

 

ただし
その店によって
「検索禁止!!」というところもあるので
ご注意下さい。

 

その他に
お店の中で気をつけることとして

・他のお客様の邪魔をしないこと
・お店のスタッフの作業の邪魔をしないこと
・本を大切に扱うこと

です。

 

マナーが悪いせどらー(せどりをする人のこと)は
ダメです。
酷い人の場合
スタッフにお店出入り禁止された人もいるそうなので
ご注意下さい。

 

とはいえ
常識の範囲内でマナーを守っていれば
特に問題はありません。

 

 

 

 

 

出品する時に気をつけること

 

そのように苦労して仕入れた商品を
Amazonの管理画面で出品していくのですが
商品の状態を記入する項目に
事実と違うことは書いてはいけません。

 

例えば
表紙カバーが破れているのに
「破れていない」と書くのはダメです。
実際に手元に届いたお客様から
クレームが来ることになります。
あまりにヒドい時は
Amazon本部からアカウント閉鎖を
されてしまうこともあります。

 

自分の仕入れた商品を
少しでも高く売りたい気持ちもわかりますが
ウソをついて売ると
最終的に自分の首を締めることになりますので
ご注意下さい。

 

商品の状態を説明する時は
できるだけ細かく説明したほうが良いです。
新品ならともかく
中古で出品する場合
買う人が頭の中で商品の状態を
想像できるくらいに事細かく説明することを
オススメします。

 

自分は気にしない程度の汚れでも
買う人は気にするかもしれません。
ノークレームノーリターンでというのは
Amazonの場合、通用しませんので
ご注意ください。