初心者にオススメ!レンタルサーバー・独自ドメインはどこを使えば良いの?




この記事の所要時間:約538

オススメ!レンタルサーバー、独自ドメイン

 

ご自分でブログを作ったり
サイトを作って公開する為には
どうしてもサーバーが必要になります。

 

ブログに関しては
無料ブログで私は十分
という人もいれば
ワードプレスを使ってブログを作りたい
という人もいるでしょう。

 

ワードプレスを利用してとなると
レンタルサーバーを借りて作業していくのが
一般的になっています。

 

では、いったいどのレンタルサーバーが良いのか?
レンタルサーバーを提供している会社は
たくさんあるので迷う方が多いでしょう。

 

そこで
比較的手軽な金額で
十分な機能を備えているレンタルサーバー
なおかつ
初心者の方や
慣れてきた中級者までの要望に
対応できるレンタルサーバー

 

という視点で
ご紹介したいと思います。

 

 

★スターサーバー

 

プランの数も多く
1番安いプランは月300円程度で利用できるサーバーです。

 

当然、金額が安いプランは
容量も少なく、同時に複数のドメインを利用できないなど
いろいろと制限もありますが
始めたばかりの初心者の方なら
ブログ運営するにあたり特に問題ないと思われます。

 

スターサーバーにはオウルドメインという
無料で独自ドメインを作れるサービスがあります。
無料で使えるので便利なのですが
グーグルアドセンスの申請を
このドメインでしようとしても審査に通らないので
ご注意ください。

 

このオウルドメインは
独自ドメインではなくサブドメインの扱いになってしまいます。
サブドメインはグーグルアドセンスでは認められていないので
申請しても弾かれてしまいます。
グーグルアドセンスを申請する場合は
オウルドメインは使えないので
独自ドメインを用意しましょう。

 

サイトで確認する
↓↓↓↓↓
スターサーバー

 

 

 

★エックスサーバー

 

私もメインに使っているサーバーです。
何が良いのか?というと
真っ先にあげられるのが
「安心感」です。

 

とにかく
安定してサーバーが動くので
サイトにつながらないということが
全くと言っていいほどありません。
毎日大勢の人か訪れるようなサイトでは
つながらない、見れないという症状が
命取りにもなるので
サーバーが安定していることは
とても良いことです。

 

金額的には決して安くはないかもしれません。
しかし、安心感を買うと考えれば
割安感があるのかなと思います。

 

もちろんご自分のサイトの規模によって
プランも用意されているので
必要に応じて切り替えるだけです。

 

まず初めは1番下のプランを選び
様子を見ても良いと思います。
容量いっぱいになるほど使うには
相当の規模のサイトになっていると思うので
これから始めるのであれば
1番下のプランでも十分でしょう。

 

エックスサーバーは
httpではなくhttpsに変換するのも簡単です。
これを独自SSL化といいます。
インターネット上でのデータの通信を
暗号化するセキュリティ機能のことです。
ネットの世界ではどんどんセキュリティ化が進み
httpsになっていないサイトは
検索で上位表示がされないようになってきています。
エックスサーバーなら
無料で変更することが可能ですし、
これからサイトを作るのなら
はじめからhttpsにしておいたほうが良いでしょう。

 

さらに時々
ドメインを無料で一つを設定することが出来て
そのドメインの更新料も無料になる
というキャンペーンも行っているので
このキャンペーンを利用して
ドメインを一つ入手しても良いでしょう。
ただし、
いつもこのキャンペーンをやっているとは限らないので
確認をしてみてください。

 

サイトで確認する
↓↓↓↓↓
エックスサーバー

 

 

 

ドメインを取得するには?

 

ドメインとは
「住所」のようなものです。

 

レンタルサーバーが「土地」ならば
ドメインはその土地の住所のような
イメージです。

 

自分専用のドメインが取得できれば
グーグルアドセンスを利用することも出来ますし
オリジナルのサイトも作成できます。

 

少しでも金額が安いほうが
助かると思います。
有名な「お名前.com」で探してみるのが
良いのではないでしょうか?

 

お名前.comで
新規にドメインを取得する際には
必ず「Whois情報公開代行サービス」を
利用しましょう。

 

Whois情報とは

ドメインの登録者は
「ドメインに関するトラブルの自律的な解決」
「所有権の明確化」などの理由により
所有者情報を公開する義務がある
というものです。

 

つまり、そのままだと
自分の情報が丸見えになってしまうので
「Whois情報公開代行サービス」を使って
そのドメイン取扱業者のものに差し替えてくれます。

新規で申し込む際にこの機能は無効になっていますので
忘れずにチェックしてください。

 

スッカリ忘れてしまって
後から変更すると
有料になってしまいますので
注意が必要です。

 

 

サイトで確認する
↓↓↓↓↓

お名前.com