Amazonに出品してみよう!小口出品・大口出品とは何か?




この記事の所要時間:約226

せどりを実践!Amazonに出品してみる!

 

フリーマーケット

 

Amazon出品者登録

 

仕入れた本をAmazonで売るのですが
まずは
Amazonの「Amazon出品サービス」にて
出品者登録をします。

 

Amazonトップ画面はこちら
Amazon.co.jp

 

Amazonのトップ画面の
上部にある「Amazonで売る」をクリック。

996542

 

すると、画面が切り替わり
「大口出品」か?
「小口出品」か?
を選ぶ画面になります。

 

「大口出品」と「小口出品」の最大の違いですが

 

・「小口出品」
  商品が売れた時にのみ販売手数料が
  その商品ごとに約100円引かれる。

  売れない場合は、手数料は発生しない。

・「大口出品」
  商品が売れても売れなくても
  月5,000円の手数料が引かれる。

  その代わり月に50個以上売れても
  5,000円以上の手数料は
発生しない。

 

が大きな違いです。

 

最初のうちは「小口出品」で登録し
出品作業と販売作業に慣れましょう。
その後
月に50個以上売れるようになったら
「大口出品」に変更しても遅くありません。

 

なお、Amazonの出品者登録には
クレジットカードが必要です。
クレジットカードは
別の記事でご紹介した「自己アフィリエイト」で
取得したカードでも問題ありません。
もちろん
普段使っているカードがあれば
それで登録して下さい。

 

必要事項を記入し進めていくと
Amazonから本人確認のための電話等があります。
どんなことを言われるのか?
とドキドキしますが
録音された音声での対応なので
特に問題ありません。
安心して下さいね。

 

それでも私は
初めての事でドキドキしすぎて先に進めず
なかなか気持ちが収まりませんでした。
そこでその日は一度作業を止めてしまい
あらためて次の日に覚悟を決めて進めました。
すると
確認電話が録音音声だけで終わったため
「これだけなの?」と
肩透かしを食らった覚えがあります。
だから
安心して登録作業を進めましょう。

 

もし作業を進めていて困った場合は
Amazon出品者ヘルプも参照してみてください。

Amazon出品者ヘルプはこちら