今日の常識は明日の非常識!ホントにそれが正しいの?




この記事の所要時間:約344

今の頭の中の常識を疑おう!

 

疑い

 

のっけから何を言っているんだ?
とお思いでしょうが
私は過去にそう思わざるを得ない経験がありました。

 

このことを知った時に
いかに自分の頭がカチカチなんだろうと
つくづく思い知らされました。

 

私は
結構パズル的なことが大好きで
例えば
TV番組で「ひらめきテスト!」のような
番組があると迷わずチャンネルを合わせますし
本屋さんなどに行くと
「なぞなぞ本」ではありませんが
それ系の本棚コーナーで
ズーっと立ち読みしてしまったり
気づけば1~2時間くらい過ぎていたとか
よくあることです。

 

なので
自分では自分のことを
頭が柔らかく柔軟に対応できる
と思っていました。

 

 

 

 

まるで別次元でした

 

これは転職をすると
もしかするとよく分かるかもしれませんが
「仕事」をする
ということに対する意識の違い
とでも言うのでしょうか?
前の職場と後の職場では
まるっきり違うのでした。

 

前者は「仕事はお客様のために」
という意識でやっている人が多かったのですが
後者は「仕事は自分のために」
という意識でやっているのでした。

 

「仕事」をこなしていることには
どちらも変わりはありませんが
その裏に隠れている意識の差が
まるっきり違うものでした。

 

どちらが正しい間違っているとかは
ここでは議論しません。
するべきではないし
どちらも正しいと思います。

 

とにかく
「意識」そのものが違う
ということに
その時の私は驚きを受けたのでした。

 

世界は広いぞ!大きいぞ!

 

これに限らず
世界に目を向ければ
常識なんてあってないようなものだと
ヒシヒシと感じます。

 

例えば
エスカレーターは
右側か?左側か?
これだけでも全然違うし
どちらが正しいなんて
言えるわけもありません。

 

クルマは左側通行ですが
海外では右側通行です。
別に間違っているわけではありません。

 

このように
自分では正しい!と思っていても
ちょっと目線を変えると
全然違うものになってしまいます。

 

 

 

 

ネットビジネスもそう?

 

最近は
ネットニュースなどでも
副業について取り上げられることが
多くなりました。

 

少し前までは
「副業は悪だ!」
という風潮だったのにです。

 

以前よりは副業に対し
だいぶ柔和な感じになりましたが
まだまだ末端まで浸透するには
もう少し時間がかかるでしょう。

 

人によっては
拒絶反応を示す人もいるかも知れません。
とはいえ
確実に世の流れは
副業を認める方向です。

 

さらに
ネットビジネスというと
これまた
「まがい物」
「人を騙しす詐欺」というイメージが
まだまだ根強くあります。

 

これこそ
今までの常識は明日の非常識
と言えることではありませんか?

 

世の中の流れを敏感に感じ取り
その流れに身を任せてみる
という選択肢も
あるのではないでしょうか?

 

確かにネットビジネスという
よくわからないものを拒絶したくなりますが
食わず嫌いはよくありません。

 

ものは試しで
少しでも経験しておいたら良いかもしれません。

 

今日の常識は明日の非常識

 

ぜひぜひご検討してみて下さい。