仕入れができない時の5つの行動

この記事の所要時間: 355

日々のリサーチをしている中で
毎回、仕入れが必ず出来ていますか?

もちろん、
毎回、価格差がある商品を見つけることが出来れば
一番良いのですが、
探せど探せど見つからない時も
あると思います。

もしかすると
その場合が多い場合があるかもしれません。

そのような時は
どうしていますか?

「何で見つからないんだろう?」

「自分だけが見つけられないのでないだろうか?」

「隣で検索している人はあんなに取れているのに…」

など、
思うように見つからない時ほど
他人の様子がとても気になってくるものです。

despair-513529_640

こうなった時の対処法を5つあげてみました。

・ちょっと休憩を入れる

検索していて、ずーっと見つからない時は
気分がドンドン下がってきます。
そうすると、
次を検索するのがイヤになって
投げ出したくなってきます。

検索しなければ見つからないことが
わかっていても、イヤになる。
こんな時は、
いっその事、気分転換が必要です。
その場から離れて、コーヒーでも飲んで
頭を休めましょう。

・自分の中の仕入れ基準を変更する

ある程度、検索の経験を積んでくると
自分なりの仕入れ基準が出来上がってきます。
良くも悪くも自分の中で「設定」されてしまいます。
なかなか取れない時は
いっそのこと、その基準以外のものを
見るようにするのはいかがでしょうか?

案外、ポロッと仕入れできることがあります。

・全く見たことのない場所に行ってみる

これも同じように経験を積んでいくと
お店の中で自分が動く範囲というのが
いつの間にか固定されていることがあります。

「この場所の、この部分にいいのがあるんだよね」

と、思い込んでしまうのです。

確かに、前回その場所でいいモノが取れた場合
次もあるのでは?と考えてしまいますが、
お店も商売です。
少しでも売れるようにドンドン変化していきます。
棚の場所を移動したり、商品の並び方を変更したり
次から次へと変化していきます。

同じ場所に同じようなものがあるとは限りません。
少しだけ視野を広げてみましょう。

普段、入りづらいと感じているところにいくのも
良いかもしれません。

例えば、
男性なら女性が好みそうな料理コーナーや
あみものコーナーなど。

女性なら男性が好みそうなクルマコーナーや
コンピューターコーナーなど。

このような場所は、
男性ばっかり、女性ばっかりが多く
その中に異性が並んでいると
変な目で見られるのではないかと
思ってしまいます。

それは完全に「思い込み」であって
実際に異性がいたとしても
特に問題はありません。

どうしても気になるのなら

「自分は彼氏(彼女)に贈るプレゼントを
 探しているんだ」

と、思うようにして下さい。

何でもいいので、その場に立つ理由を
作ってしまうと
案外、気になりませんよ。

・他人のカゴをそれとなく見て、その人の仕入れ基準を探る

あまりオススメはしませんが、
バッサバッサとカゴに入れている人を
見かけたら、
なにげなく近づいて
一番上にある商品の題名を見て
自分のツールで検索してみてください。

そうすると、
その人がどのような基準で
仕入れをしているのか
何となくわかります。

メチャメチャ利益が出るようなら、
自分がその場所に立つタイミングが悪かった
ということになりますし、

たいした利益が出ないのなら
「薄利多売」が基準の人なのかもしれません。

全く利益が出ないのなら
それはそれで安心です。

他の人も頑張っているんだと思って
自分の検索の参考にできるのではないでしょうか?

・今日はあきらめて帰る

それでも、
取れない時は取れないのです。
いさぎよく帰りましょう。

ただし、
自分がいつ行ってダメだったのかを
覚えておいて下さい。

その曜日のその時間以外なら
もしかしたら
取れるかもしれません。

スタッフさんが補充するタイミングは
お店によって
全く違います。

すき間があればスグに補充する店や
補充する時間などが決まっている店など
お店によって全然違います。

だから、
自分が行って、もしダメでも
それ以外の時間や曜日なら
あっさり取れるかもしれません。

メモや手帳などに記録として残しておけば
次に来る時に参考にできるので、
忘れずにメモしておきましょう。

いかがでしょうか?

なかなか見つからない時は
正直、私もイヤになります。

「この時間を返せ!!」と思うことなど
しょっちゅうです。

でも、必ずあるのが「せどり」の
面白いところでもあります。

検索ばかりの単純作業で
つまらなくなるかもしれません。

でもでも、
だからこそ
つまらない単純作業を
少しでも楽しいものにしてみましょう!!

この記事が少しでも
お役に立てば幸いです。