仕入れはゆっくり。出品は速攻で!

この記事の所要時間: 213

日々の仕入れ活動を繰り返していると
次第に仕入れが楽しくなってきます。

仕入れに行ったお店で

今日はどんなお宝が見つかるかな?

などと考えながら見ていると
あっという間に時間が過ぎてしまいます。


そして家に帰り、
一息ついて、ふと振り返ると
仕入れしたものが
テーブルのドサッと積み重なっていました。

ま、出品は明日でいいか…
今日はもういいや。

ちょっと待って下さい。
それはダメです!!
出品してください!!
今スグに!!

その理由は、
仕入れを決めたその瞬間に
隠されています。

どういうことかというと
あなたがお店に行って、
その商品を実際に手に取って
その場でアプリなどで検索すると
スグに情報が出てきます。

当然、売値やランキングなどを確認するのですが
その結果、

これはいける!!

と思って仕入れるわけですよね?

その決断をする元になった情報は
検索したその時点での情報です。

もしかすると
家に帰って出品作業をするまでの間に
別の出品者が別の値段をつけてしまうかもしれません。

その値段が
自分の想定外だったとしたら、

もし、今の時点で検索して
この情報が出てきたとしたら、

あなたは仕入れていますか?

つまり、
同じようなことを考えている人は
日本全国にいるのです。

japan-112722_640

自分が出品しようとしてる商品と
全く同じものを出品しようとしている人が
他にもいる可能性があるのです。

Amazonでもヤフオクでもいいのですが、
ライバルは自分の周りではなく
日本全国にいるのです。

このことを忘れてはいけません。

だから、
仕入れたらスグに出品しないとダメなのです。

今、この瞬間に
自分の考えた値段で買ってくれるお客様が
いるかもしれません。

そのお客様の目の前に
ちょうどタイミングよく
商品を出すことができたら
「即購入」もありえるのです。

これを「機会ロス」と言います。
販売するチャンスを逃してしまう
ことです。

これほどもったいないことはありません。
我々は、ひとつでも多く売れて欲しいはずです。

ですので、
たとえ、疲れていても
面倒くさくても
もう休みたいと思っても
歯を食いしばって出品すべきなのです。
それも、できるだけ早く、です。

チャンスを逃さないように。
頑張りましょう!!

逆に、
仕入れには時間を使って下さい。

その商品が売れるのか売れないのかの見極めには、
時間をかけて判断すべきです。

売れないものを仕入れることは
「機会ロス」よりも大きな損失の
「売れ残り在庫」になってしまうからです。

仕入れはゆっくり。
そして
仕入れると決めたら
出品は素早く!!

これが鉄則です。